排便障害

排便障害とは

排便障害にはさまざまな種類がありますが、一番身近な排便障害が、「便秘」でしょう。

 

便秘も立派な排便障害なのです。

 

便秘の定義はいろいろありますが、排便回数が少ない場合や便秘が硬い、残便感があるなどが主に該当します。

 

回数は人によってそれぞれですが、3日間便がでなかったり週に2回未満の排便だと排便障害に該当するでしょう。

 

回数が少なくても残便感がなかったり、便の排出が辛く無ければ排便障害ではない可能性もあります。

 

 

排便障害は幅広い年齢に起こる現象です。

 

しかし、年齢を追うごとにどんどん発症しやすくなるでしょう。

 

特に高齢の女性は筋力も体内に栄養も低下するせいで、便秘になりやすくなるといわれています。

 

若い女性はダイエットのせいで便秘になる事も珍しくはありません。

 

長期間排便障害になっている方もいますが、旅行や環境の変化のせいで一過性の便秘になる場合もあるでしょう。

 

排便障害の便秘と言っても本当にさまざまな原因があり、症状も人それぞれなのです。

考えられる原因

排便障害の便秘には、さまざまな原因があります。

 

しかしほとんどは、腸の働きによる便秘なのではないでしょうか。
これを機能的便秘といいます。

 

便が硬い、便を押し出す力がない等が原因の便秘は、弛緩性便秘といい、筋力の弱い女性や年配の方に多い症状だといわれています。

 

直腸が不具合を起こしていると、便を排出できないどころか、便がたまっているのに便意を感じない場合もあるでしょう。
これは直腸性便秘といい、自覚症状が薄いのでとても危険な便秘です。

 

他にも食生活や生活習慣、運動不足、ストレスなど、本当にさまざまなことが原因で排便障害の便秘は起こってしまうものです。

 

便秘はとても身近な現象です。

 

しかしたかが便秘と思っていると、どんどん症状が悪化し、肌荒れや血行不良はもちろん病気になってしまう可能性だってあります。

 

健康の為にも、出来るだけ早く便秘を改善するようにしましょう。
早い段階であればある程、便秘は改善しやすいです。

検査が必要

排便障害かなと思ったら検査を行うことをおすすめします。

 

軽い便秘程度であれば問題ありませんが、長期間続く辛い便秘は排便障害であり、なかなか改善が難しいでしょう。

 

病院で検査を受ければ自分の便秘の症状や原因、改善方法も知ることができます。

 

まず、病院に行くと大腸検査を行うことになるでしょう。

 

注腸X線検査と大腸内視鏡検査で行います。

 

この検査を行うことで、ポリープ、がん、炎症性腸疾患の診断を行うことができるでしょう。

 

他にもX線マーカーを使用することで大腸の通過時間を調べたり、バリウムを飲んで排便の直腸の形やウ時を調べる排便造影検査を行う場合があります。

 

さまざまな検査を行うことで、病気が原因の排便障害か、生活習慣などが原因の排便障害過を知ることができるでしょう。

 

 

病気かわかれば病気の治療に入りますし、それ以外の場合は食事や運動、緩下剤等による治療となります。

 

基本的に排便障害の治療は保存的治療法が主に行われているのです。

 

さまざまなアドバイスを受けることで便通をコントロールし、通常の排便に戻すことができるでしょう。

 

また、食物繊維系のサプリメントを処方される場合もあります。

乳酸菌革命↓

関連ページ

オリゴ糖は危険
オリゴ糖は、ダイエットや便秘に良いといわれており、健康の為に摂取人が増えてきている栄養素の一つです。 しかし、オリゴ糖はメリットばかりでは有りません。
太りやすい体質
人にはそれぞれ体質があります。 太りやすい人、痩せやすい人、冷え性の人や温度の高い人など、それぞれです。
授乳中の便秘対策
授乳中は便秘になりやすいといわれています。 なぜなら乳児の世話はゆっくりと休むことも出来ず、時間に追われた生活を送ることになるでしょう。
産後も便秘になりやすい
妊娠中は便秘になりやすいといわれていますが、実は産後も便秘になりやすい期間なのです。 なぜ、産後は便秘になりやすいのでしょうか?
碁石茶
テレビで紹介されてから大人気の碁石茶。 どうやらダイエットにとても評判が良いお茶だそうです。 ダイエットに良いお茶にはさまざまな商品がありますが、碁石茶にはどんな効果があるのでしょうか?
桑名の米油
こめ油って知っていますか? 油にはさまざまな種類があります。 しかし油分は取り過ぎると体に悪い影響を与えるともいわれていますよね。
便が出そうで出ない!
便秘と一言にいってもさまざまな種類があります。 特に辛いのは、便意はあるのに便を排出できない便秘ではないでしょうか? 出したいのに出せない、辛いですよね。
食品
便秘と食事はとても深いかかわりがあります。 体内に入った食品を分解し排出することができない状態が便秘なので、当然でしょう。 食品によって排出しやすい便、排出しにくい便に代わるのです。
オリーブオイル
便秘がつらいときはオリーブオイルを飲むなんて言う人も多いのではないでしょうか? どこの家庭でもあるような、気軽に購入できるような、こんな簡単なアイテムで便秘が解消できれば嬉しいですよね。
ヨーグルト
定番のアイテムであり、便秘がつらいときはついついヨーグルトに頼る……なんていう人も多いのではないでしょうか。 けれども、なぜヨーグルトが便秘に良いか知っていますか? ヨーグルトには、善玉菌を増やす効果があるからです。
悪化すると死に至る可能性が
便秘になると、肌荒れ・腹痛・体内環境の悪化・体重の増加などさまざまなトラブルを招いてしまうでしょう。 しかし、それだけではありません。 単なる外見の変化、体調の悪化だけではなく、便秘は悪化すると死に至る可能性があるのです。
吐き気
便秘が原因で起こる症状といえば、腹痛・ぽっこりお腹・体重の増加。 これらは多いですが、実は便秘が原因で吐き気が生じる場合もあります。 吐き気が生じるのは全ての方ではありません。 しかし胃の不調からさまざまな体調不良に発展し、吐き気まで怒る可能性まであるのです。
便秘とマグネシウム
ミネラルの一種であるマグネシウムは、人が生きる上で欠かせない成分といっても良いでしょう。 人はさまざまな器官が働くことで活動を続けることが出来ていますが、ホルモン分泌や神経伝達はマグネシウムなしでは成り立ちません。 それほどマグネシウムは人が動く上で欠かせない部分なのでしょう。
お灸で便秘改善
一番簡単な便秘改善方法といえば、ツボ。 気になったときにすぐに実践できる!お金もかからず場所も選ばずすぐに出来る!ということで、便秘が辛いときにツボを押したことがあるという人も多いでしょう。 そんなツボ以上に効果的なのが、お灸です。
水道水が便秘を悪化させている
水を飲むと、便に適度な水分が含まれて排泄しやすい状態になります。 その為、便秘の人は水分摂取が推奨されていますよね。 しかし、ただ水を飲むだけでは便秘が悪化してしまう可能性があります。
子供の便秘
自分自身の便秘よりも気になるのが、子供の便秘ですよね。 おむつを替えるくらいの年齢だと母親が便秘かどうか判断をして対策をとることができます。 しかし、自分でトイレに行けるような年齢になってくると、だんだん子供の排便状況を知ることが出来なくなってしまいます。 便秘かどうか自己申告をしてもらわない限り、健康状態を把握することが出来ないのです。
便秘とニキビの関係
女性に起こりがちな定期的な便秘