産後も便秘になりやすい

産後も便秘になりやすい

妊娠中は便秘になりやすいといわれていますが、実は産後も便秘になりやすい期間なのです。

 

なぜ、産後は便秘になりやすいのでしょうか?

 

妊娠中は、ホルモンバランスが不安定になります。
出産をするために女性ホルモンが増殖する期間なので仕方がないでしょう。

 

また、子宮が腸をどんどん圧迫していくので、妊娠後期になるほど便秘が悪化するといわれています。

 

産後はホルモンバランスも安定し子宮の大きさも元に戻るので、便秘が改善する人も多いでしょう。

 

しかし中には、産後も便秘に悩まされ続ける女性もたくさんいます。

 

産後の便秘には、さまざまな理由があるのです。

 

まず第一に、母乳を出すことにより体内に水分が奪われるからです。

 

母乳で育てている人は、母乳の出が良い方でしょう。
授乳をしていなくても、どんどん母乳が出てきますよね。

 

母乳は、母親の体の水分から出来ています。
乳児は日々母親の母乳を飲んで生活をしていますし、乳児が成長すればそれだけたくさんの母乳が必要となるでしょう。

 

母乳をあげる量が増えれば増えるほど、母親の体の水分がどんどん奪われていくのです。

 

水分を補給しないと便秘になる、ということはとても有名です。

 

当然、母乳により水分が不足した体では、便が高くなり便秘が悪化するのもs方が無いでしょう。

 

母乳は一日600から800ミリリットル程作られているので、母乳の為に1リットルは水分を補給しなければいけません。
それに加えて便秘改善の為に水分補給をしなければいけないので、一日の水分補給量は大量になってしまうでしょう。

 

 

母乳だけが理由ではありません。

 

子供を産むと、生活習慣が変化してしまいます。

 

睡眠時間も不定期になりますし、食事の時間も十分に摂ることはできないでしょう。

 

産後の生活の慌ただしさから便秘になる人はとても多いのではないでしょうか。

 

確かに子供を育てることはとても大変です。
しかし、動き回らないうちはまだ、自分の時間の自由が効くのではないでしょうか。

 

睡眠時間や生活習慣の改善は難しいかもしれませんが、ストレスがたまらないように生活スタイルを作り上げることも、産後の便秘改善ではとても大切なことだと思います。

 

 

出産時にいきみ過ぎると、産後便秘になるともいわれています。

 

妊娠中は、どうしても運動不足になってしまいますよね。
十分な運動をすることができないので、仕方がないでしょう。

 

しかし、妊娠中の運動不足のせいで筋力が低下し、肛門括約筋に問題が生じるケースは珍しくはありません。

 

人は便を排出するときに肛門括約筋を開閉します。

 

出産時にも肛門括約筋を使い、いきみ、子供を産むでしょう。

 

しかし出産は、今までの人生では経験することがないくらい、強く肛門括約筋を使うこととなります。

 

そのため、出産時に強く肛門括約筋を使い過ぎたせいで肛門括約筋が傷つき、機能が弱まる場合があるそうです。

 

産後の便秘が酷い場合は、一度産婦人科や肛門科に相談をして見て下さい。
もしかしたら、肛門括約筋が原因の便秘かも知れません。

産後の便秘には適度な運動と乳酸菌サプリ

産後の便秘改善で大切なことは、「薬を使わずに便秘を改善する」ということです。

 

そこでおすすめしたいのが、適度な運動です。

 

妊娠中はどうしても運動不足になりがちでしょう。
そんな運動不足が産後にまで続いていては、産後太りも解消されませんし便秘もなかなか治らないでしょう。

 

簡単なことからで良いので、運動を始めてみてください。

 

乳児を抱っこしてお散歩をするのは大変かもしれませんが、とても良い運動になります。

 

産後は大変でなかなかお散歩をすることができないかもしれませんが、家に引きこもっているよりも外に出て運動をした方が、ずっと心地よい気分になれるでしょう。

 

運動不足も解消出来ますし、気分もリフレッシュします。

 

リフレッシュをすることも、便秘改善にはとても大切なことなのです。

 

外出が億劫だという人は、家の中で家事をしながら運動をして見て下さい。

 

雑巾を使って窓や床をふいたり、体全体を使って掃除をすることで、簡単な運動に繋がります。

 

また、乳児を抱えて運動をすると体に負荷がかかり、通常の運動よりも短時間で高い運動効果を実感することができるのではないでしょうか。

 

運動は、便秘解消の為にとても大切なことなのです。

 

 

そして、サプリメントでの栄養補給もおすすめです。

 

運動だけではなかなか便秘を解消することはできないでしょう。

 

しかし産後は忙しくてバランスの良い食生活を続けることも出来ないですよね。

 

そんな時に便利なのが、サプリメントです。

 

栄養面を考えた安心安全なサプリメントであれば、産後でも気軽に服用をすることができるでしょう。

 

乳酸菌がタップリと配合されたサプリメントを飲めば、胃腸の活動が活発化して、便秘を改善しやすい体内環境を作ることができます。

 

乳酸菌には免疫力アップ効果もあるので、疲れやすい産後にはぴったりでしょう。

 

軽い運動とサプリメントの服用で、産後の便秘を乗り切ってください。

乳酸菌革命↓

関連ページ

オリゴ糖は危険
オリゴ糖は、ダイエットや便秘に良いといわれており、健康の為に摂取人が増えてきている栄養素の一つです。 しかし、オリゴ糖はメリットばかりでは有りません。
太りやすい体質
人にはそれぞれ体質があります。 太りやすい人、痩せやすい人、冷え性の人や温度の高い人など、それぞれです。
授乳中の便秘対策
授乳中は便秘になりやすいといわれています。 なぜなら乳児の世話はゆっくりと休むことも出来ず、時間に追われた生活を送ることになるでしょう。
碁石茶
テレビで紹介されてから大人気の碁石茶。 どうやらダイエットにとても評判が良いお茶だそうです。 ダイエットに良いお茶にはさまざまな商品がありますが、碁石茶にはどんな効果があるのでしょうか?
桑名の米油
こめ油って知っていますか? 油にはさまざまな種類があります。 しかし油分は取り過ぎると体に悪い影響を与えるともいわれていますよね。
便が出そうで出ない!
便秘と一言にいってもさまざまな種類があります。 特に辛いのは、便意はあるのに便を排出できない便秘ではないでしょうか? 出したいのに出せない、辛いですよね。
排便障害
排便障害にはさまざまな種類がありますが、一番身近な排便障害が、「便秘」でしょう。 便秘も立派な排便障害なのです。
食品
便秘と食事はとても深いかかわりがあります。 体内に入った食品を分解し排出することができない状態が便秘なので、当然でしょう。 食品によって排出しやすい便、排出しにくい便に代わるのです。
オリーブオイル
便秘がつらいときはオリーブオイルを飲むなんて言う人も多いのではないでしょうか? どこの家庭でもあるような、気軽に購入できるような、こんな簡単なアイテムで便秘が解消できれば嬉しいですよね。
ヨーグルト
定番のアイテムであり、便秘がつらいときはついついヨーグルトに頼る……なんていう人も多いのではないでしょうか。 けれども、なぜヨーグルトが便秘に良いか知っていますか? ヨーグルトには、善玉菌を増やす効果があるからです。
悪化すると死に至る可能性が
便秘になると、肌荒れ・腹痛・体内環境の悪化・体重の増加などさまざまなトラブルを招いてしまうでしょう。 しかし、それだけではありません。 単なる外見の変化、体調の悪化だけではなく、便秘は悪化すると死に至る可能性があるのです。
吐き気
便秘が原因で起こる症状といえば、腹痛・ぽっこりお腹・体重の増加。 これらは多いですが、実は便秘が原因で吐き気が生じる場合もあります。 吐き気が生じるのは全ての方ではありません。 しかし胃の不調からさまざまな体調不良に発展し、吐き気まで怒る可能性まであるのです。
便秘とマグネシウム
ミネラルの一種であるマグネシウムは、人が生きる上で欠かせない成分といっても良いでしょう。 人はさまざまな器官が働くことで活動を続けることが出来ていますが、ホルモン分泌や神経伝達はマグネシウムなしでは成り立ちません。 それほどマグネシウムは人が動く上で欠かせない部分なのでしょう。
お灸で便秘改善
一番簡単な便秘改善方法といえば、ツボ。 気になったときにすぐに実践できる!お金もかからず場所も選ばずすぐに出来る!ということで、便秘が辛いときにツボを押したことがあるという人も多いでしょう。 そんなツボ以上に効果的なのが、お灸です。
水道水が便秘を悪化させている
水を飲むと、便に適度な水分が含まれて排泄しやすい状態になります。 その為、便秘の人は水分摂取が推奨されていますよね。 しかし、ただ水を飲むだけでは便秘が悪化してしまう可能性があります。
子供の便秘
自分自身の便秘よりも気になるのが、子供の便秘ですよね。 おむつを替えるくらいの年齢だと母親が便秘かどうか判断をして対策をとることができます。 しかし、自分でトイレに行けるような年齢になってくると、だんだん子供の排便状況を知ることが出来なくなってしまいます。 便秘かどうか自己申告をしてもらわない限り、健康状態を把握することが出来ないのです。
便秘とニキビの関係
女性に起こりがちな定期的な便秘