殺菌されていても効果あり

殺菌でも乳酸菌は効果あり

健康のため、美容のため、便秘改善のため。

 

さまざまな理由で乳酸菌を摂取する人が増えています。

 

しかし、「乳酸菌は熱により死んでしまう」といわれています。
その為、加熱殺菌して作られた乳酸菌商品は、乳酸菌の効果を実感出来ないのではないかと不安に思う人も多いでしょう。

 

実は、乳酸菌は「殺菌しても効果を発揮してくれる」成分なのです。

 

乳酸菌の効果といえば、胃腸内で善玉菌を増やしたり、腸内環境を整えてくれるという効果が有名でしょう。

 

加熱して死滅した乳酸菌は、腸内で善玉菌のエサになるという働きをします。

 

そのため、たとえ加熱殺菌した後の乳酸菌でも、腸内環境を整えたり、免疫力を高めるという効果を得ることができます。

 

また、最近はどんどん技術が進歩し、加熱殺菌をしたとしても生きた状態で乳酸菌を腸内に届けることができるという製品も販売されています。

 

加工に手を食わえたり、乳酸菌の種類を選ぶことで、加熱しても死滅しない乳酸菌を作ることができたのでしょう。

 

特に最近は、さまざまなタイプの乳酸菌サプリメントが販売されています。

 

殺菌後の乳酸菌も十分腸内で役立ちますし、殺菌された後でも胃腸内で活躍してくれる乳酸菌もたくさんいるのです。

乳酸菌革命↓

関連ページ

花粉症に効果?
花粉症、一度発祥するととても辛いですよね。 花粉症は急に発祥するので、去年までは花粉症ではなかった人でも、いきなり花粉症になってしまうかもしれません。 なぜ花粉症になるのかというと、体のメカニズムのせいだといわれています。
腸内フローラ
人の腸内には、本当にたくさんの最近が住んでいます。 菌は悪いものだという印象が強いですが、体に必要な菌もたくさんあるんです。 特に、小腸の終わり部分である回腸という部分から大腸にかけて、本当にたくさんの腸内菌がまとまっています。 腸内にまるで壁のようにこびりついている菌は花畑のようです。
ビフィズス菌
ヨーグルト等に含まれていることで有名なビフィズス菌。 名前だけなら聞いたことがある方も多いでしょう。 また、ビフィズス菌というとなんとなく胃腸に良い、便秘を改善できるというイメージが強いですよね? ビフィズス菌には実際には、どんな効果があるのでしょうか。
乳酸菌の免疫力
乳酸菌を摂取すると、免疫力が高まるといわれています。 免疫力が高まると、さまざまな効果を実感することができるでしょう。 特に多くの方が実感しているのが、風邪に対する免疫力なのではないでしょうか。